歯石とは?

歯石の約80%は、無機質、残りの約20%は有機質と水からできています。

無機質は、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウム、炭酸カルシウムからなり、有機質成分は菌体で、内毒素も含まれています。歯石の有機成分はプラーク内の細菌と変わらないのですが、歯石内の細菌は死んでいることが多いため、その影響はプラーク内の細菌よりも弱いと考えれます。

歯石の表面には、プラークが付きやすく、歯周病、歯肉炎の原因になります。

歯ぐきが赤くなったり、腫れがでたりします。

そのため、歯石は除去しなければなりません。

五反野駅の大月歯科では、歯周病治療、歯周病の予防、定期健診に力を入れています。

女性歯科医師(女医)、歯科衛生士も在籍しています。

お気軽にご相談ください。