歯周病が早産や未熟児出産のリスクを高める

歯周病の炎症があると、子宮を収縮させる作用がある物質(PGE2、プロスタグランジンE2)の血中濃度が高まります。PGE2は、陣痛促進剤として使われるほど子宮の収縮作用が強いため、歯周病が悪化すると早産や未熟児出産の可能性が高くなります。

妊娠中の歯周病は赤ちゃんにも影響しますので、注意しましょう!

足立区五反野の歯医者さん、大月歯科では、歯周病の治療、予防に力をいれています。

男性歯科医師以外に、女性歯科医師(女医)、歯科衛生士も在籍しています。

妊娠中の歯科検診はとても大切です。

お気軽にお電話にてご予約下さい。

大月産婦人科(福井県福井市)