歯周病が妊娠中に与える影響

妊娠中の女性で歯周病を患っている人は、そうでない人に比べ、未熟児出産や早産をする確率が高いことが報告されています。 妊娠中の女性は、ホルモンの変化やつわりによって歯磨きが不十分になりやすく、歯周病になりやすいのです。 そして、歯周病になってしまうと、炎症性物質が母体やへその緒を通じて胎児に影響し早期低体重児出産の確率が高まると考えられています。 足立区の五反野の大月歯科では、妊婦さんの検診も行っています。 北千住、梅島、綾瀬、小菅からも通院可能です。 むろうしねっけつ