歯が溶ける「酸蝕症」

虫歯、歯周病に次ぐ第三の歯科疾患として注目される酸蝕症は、賛成の食品を短期間に繰り返し摂る人に見られる疾患です。

炭酸飲料、ワイン、柑橘類など、強い酸性の飲食物が原因となります。