保険で白い詰め物にしたい!

虫歯を削った後、銀歯で治すのは一般的ですが、金属アレルギーや審美性が損なわれるといった欠点があります。

銀歯で治すのが嫌で、仮の状態でそのままにしていたり、虫歯を放置してしまう、若い女性の患者さんがよくいます。

最近では、コンポジットレジンという材料で、治療する方法も一般的になってきました。

コンポジットレジンは、見た目が自然に仕上がるだけでなく、金属に比べ、無駄に歯を削らなくてもよいという利点があります。

また、一回の治療で完了することができたり、短時間で固まるため、治療時間も短くなったり、など利点が多い材料です。

銀歯で治した歯を、コンポジットレジンでやり直すことも可能ですので、興味がある方はぜひご相談ください。

どの材料も同じですが、メンテナンスは大切です。

当院では半年に一回の定期健診をお勧めしています。

コンポジットレジン修復は保険で診療可能です。