歯周病(歯槽膿漏)

歯周病(歯槽膿漏;しそうのうろう)はプラーク(歯垢;しこう)と呼ばれる細菌の塊が原因で起こります。正しい歯磨きができずにプラークが停滞していると,歯ぐきが赤く腫れ,歯肉炎となり,さらに進行すると歯を支える骨が溶け,歯が抜けてしまう病気です。

歯の周囲の歯肉に限局して炎症が認められる軽度のもの(歯肉炎)から,歯を支える骨が溶けて抜歯を余儀なくされる重度のもの(歯周炎)まであり,成人の80%以上が羅患している病気で,年齢が上がるごとに罹患率は上昇します。

また,近年の研究の報告で,歯周病は全身的な病気(糖尿病,冠状動脈心疾患,早期低体重児出産,肥満,誤嚥性肺炎,骨粗鬆症,免疫疾患など)にも影響を及ぼすことが分かってきました。当クリニックでは,いつまでも患者様ご自身の歯でおいしい食事をして頂けるように治療を行っております。

歯周病は自覚症状が出にくく,気づいた時には手遅れになっていることが多い病気です。現在,症状がなくても是非,検査・治療を受けてみて下さい。

歯周病の症状例

 
歯石除去前   歯石除去後

歯石除去前後