マタニティ歯科

妊娠すると…
妊婦さんと歯医者
  • 妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより、歯周病になりやすくなります。
  • 歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性を増加させます。
  • 乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳幼児の健康な口腔を確保するためにはマイナス一歳からの、母親の口腔管理を含む生活習慣の指導が必要になります。
 

治療時期について

一般的には安定期(16週~)に歯科治療をおこないますが、その他の時期でも母体の状態や治療内容によっては可能です。リスクが高いと判断される場合は、産科医との連携のもと診療を行ったり、大学病院に紹介させてもらいます。 その他、レントゲン、お薬、麻酔などに関しては、『妊婦さんのQ&A』をご覧ください。

 

受診方法

マタニティ歯科は予約制となっておりますので、事前に必ず電話予約をしていただくようお願いいたします。また、かかりつけの産科主治医からの、歯科治療(麻酔、服薬など)の可否に関してのご意見を文書でお持ちいただけると診療がスムーズになります。